学部概要

1989年、四国の私立大学として初めて創設された工学部。それから20年にわたり、より効率よく、より性能を高める・・・豊かで便利な現代社会を創造する人材を育成してきました。その間、世界規模の環境問題やIT社会の拡大、生命科学の進歩、人と技術の調和などに応じるために、工学はめまぐるしいスピードで発展し続け、理学や医学分野に精通した技術開発が必要な時代へと移り変わりました。ナノ材料やナノマシンなどの「ナノサイエンス」、ゲノム科学・生物分子科学といった「バイオサイエンス」、「医用工学」、「グリーンテクノロジー」など、これからの時代は科学と技術をともに学び活かすことが求められています。
2009 年より開設した「理工学部」では、広い視野を養い時代の要請に応えられる人材を養成します。最先端科学技術が築きあげるよりよい社会づくりを担う科学者・技術者としてともに進んでいきましょう。