佐藤一石

旭化成株式会社 研究開発本部
徳島文理大学理工学部准教授 ナノ物質工学科
工学博士
  • 高分子学会
  • 日本分析化学会
  • セルロース学会
2004年3月までの13年間、民間企業の研究所で主に高分子の成形・加工・構造形成(高分子物理分野)に関する基礎研究および開発研究に従事してきた。この間、加工・構造制御の視点から衣料用途繊維の高機能化、高透明樹脂の製品化・用途探索、人工腎臓・ウイルス除去膜などの医療用途高分子多孔膜の高機能化に取り込んできた。現在は、カオリナイト系セラミックス処理水の評価・用途開発、およびセルロースの高機能に関する研究を実施している。また、民間企業数社と共同研究を実施しており、特許作成・出願も多数行った。
  1. 高速溶融紡糸繊維の構造形成・物性に関する研究
  2. 水素結合性高分子・溶媒系相分離に関する研究
  3. 新規オレフィン系光学樹脂材料の加工研究および用途開発
  4. 次世代医療用途多孔膜に関する研究-旭化成㈱内注目特許賞受賞(2004)
  5. 新規水構造評価法に関する研究
  6. カオリナイト系セラミックス処理水構造に関する研究
  1. 熱刺激脱分極電流(TSDC)法を用いた各種材料評価・解析
  2. 各種機能水の構造・機能発現メカニズムの解明
  3. セルロースと異種高分子とのポリマーアロイ
  1. TSDC法を用いた水・高分子固体構造評価技術
  2. 高分子材料加工・物性評価
機能水、ポリマーアロイ、機能膜、繊維

示差熱量測定装置、小型2軸押出機、接触角測定装置、小型2軸延伸機など

 

電話:087-899-7291, Fax:087-894-4201