文谷政憲

広島大学総合科学部助手
徳島文理大学理工学部准教授 ナノ物質工学科
工学博士(大阪大学)
  • 日本生物工学会
  • 日本農芸化学会
  • 酵母遺伝学フォーラム
環境中の微生物には、人間生活にとってきわめて有用な物質を生産するものがあります。微生物が生み出す未知の有用物質を探し出し、その産業化のために必要な研究を行います。大量生産に必要な遺伝子クローニングや変異株の取得、また大腸菌や酵母をはじめとするモデル微生物を利用した基礎研究も同時に行います。私たちの研究室はバイオに関する基礎研究を行うのに必要な研究技術および計測機器を備えています。
  1. 酵母の培養温度を制御し、ヒトリゾリームの生産を最適化した。
  2. 酵母を培養する際、培養液中のリン酸濃度の低下とともに組換え蛋白質を、急激に大量生産し始めるプラスミドベクターを開発した。
  3. 線虫を利用してヒトの胆汁酸の合成に関する酵素を見出した。
  4. 線虫からヒトの遺伝病を引き起こす遺伝子を単離し、解析した。
  5. LED光を利用して、いちごうどん粉病を防いだ。
微生物遺伝学:物質生産の装置として微生物を活用する。遺伝子組み換え技術や培養方法の改良を通じて、最終的には生物由来の物質の産業化をめざします。

生物が生み出す微小・微量な物質を単離同定する技術

使用する機器:質量分析装置、遺伝子解析装置、微分干渉蛍光顕微鏡、顕微鏡用マニュピュレータ

発酵工学、培養工学、遺伝子工学、物質生産、微生物、育種、酵母、線虫

DNA塩基配列解析装置、紫外可視分光光度計

 

電話:087-899-7265, Fax:087-894-4201