第4回(8月5日)オープンキャンパス

ナノ物質工学科

ナノ物質工学科には2つのコース、「材料科学コース」「生命科学コース」があり、オープンキャンパスでは、各コースから1つずつ体験授業を用意しています。学科内容や大学生活をまとめた常設ブースも用意していますので、見学だけでも構いません。興味のある方は是非お越し下さい。
8月5日は、材料科学コースから“ひらめきときめきサイエンス”で好評を博した松田先生がマイクロセンサーの可能性について、生命科学コースから食品素材が専門の前田先生が食品の構造と酵素について体験授業を行います。

「マイクロセンサーが拓く世界」(担当: 松田先生)
 場所: 理工学部2階ナノテク実習室
マイクロセンサーにより携帯電話やゲーム機でお馴染みのモーションプレイ,体重や血圧計などの医療検査,自動車の制御,ロボット,宇宙での作業の制御など世界が広がりつつあります。体験授業ではマイクロセンサーの働きについてわかりやすく説明し,製作法や応用について理解を深めます。

「食品成分と酵素のはたらき」(担当: 前田先生)
 場所: 理工学部2階ナノバイオ実習室
食品は私たちの生活の中で最も身近な存在です。しかし、この食品がどのような構造をしているかは、あまり知られてはいません。例えば、ご飯と豆腐は何が違うのでしょうか?
食品成分の構造を知る事はその栄養や毒性を知るために、また近頃見られる機能性食品を理解、もしくは製造するために非常に重要となります。この体験授業では酵素という道具を利用した簡単な実験を通して、食品の成分について考えます。

機械創造工学科

体験学習の内容

「材料に生じる力を調べよう」(担当:祝先生)場所:理工学部4階3409室
「ホバークラフトを作ろう」 (担当:内原先生)場所:理工学部4階3402室

電子情報工学科

学科の説明は,田淵先生と森本先生が担当します.授業の内容や就職のことなど,質問や気になることなどがありましたら理工学部の受付の近くにいますので,気軽に声をかけてください.

体験学習は,次の2つです.電子や情報のことに興味があれば,気軽に参加してください.

「通信のしくみをさぐってみよう」   (担当:妹尾先生)   場所:理工学部3階工303教室
スマートホンやインターネットを使えば、いつでもどこでも世界中の情報を自由に見ることができます。現在のように高速で手ごろに使うことができるようになるまで、どのような通信技術が使われてきたのか、今はどうなっているのか、実例を交えて学習します。
「家庭用ゲーム機のプログラミング」(担当:小林先生) 場所:理工学部3階ターミナル室3
Xbox360用のゲームの作り方や、Wiiリモコンの仕組み、ゲームの中で動く3次元物体の描き方など、家庭用ゲーム機でよくみかける技術について実習をまじえながら説明します。