第6回(10月6日)オープンキャンパス

ナノ物質工学科

ナノ物質工学科には2つのコース、「材料科学コース」「生命科学コース」があり、オープンキャンパスでは、各コースから1つずつ体験授業を用意しています。学科内容や大学生活をまとめた常設ブースも用意していますので、見学だけでも構いません。興味のある方は是非お越し下さい。
10月6日は、材料科学コースから佐藤先生・森本先生がナノファイバーについて、生命科学コースから文谷先生が線虫という微生物について体験授業を行います。
他ではなかなか聞けない話ですので、興味のある方は是非お越し下さい。

「ナノサイズのファイバーを作って、ナノサイズを観察する!」 (担当: 佐藤先生森本先生)
 場所: 理工学部2階ナノテク実習室
 

「線虫に触れてみよう」(担当: 文谷先生)
 場所: 理工学部2階ナノバイオ実習室
生命科学の研究にはいろいろな生き物が使われます.今回の体験授業では世界中で研究されている「線虫」という微生物を使います.みなさんは「線虫」の研究者になったつもりで顕微鏡と細い針を使って微生物を操作してください.
なぜこのような微生物が研究に使われるのか,その理由も解説します.

機械創造工学科

体験学習の内容 

河田先生 プログラムでロボットを動かしてみよう
 PICマイコンを搭載したロボットを,C言語のプログラムで動かします。
モータの回転方向と回転速度、回転時間を指定したプログラムを作成し、
それをマイコンに書き込むことで、ロボットを思い通りに動かすことが
できます。
吉田先生 材料から出る音を聞こう
 材料から出る音を聞いて破壊予測するちょっとした実験をします.

電子情報工学科

学科の説明は,多田先生と森本先生が担当します.授業の内容や就職のことなど,質問や気になることなどがありましたら理工学部の受付の近くにいますので,気軽に声をかけてください.

体験学習は以下の2つのことを行います.電子や情報のことに興味があれば,気軽に参加してください.

未来の社会を見てみよう 担当:上野先生
お父さんやお母さんが子供のころにはなかった携帯電話やインターネット。今では普通に使われています。高校生の皆様が親になったころにはどんなになっているのでしょうか。うまく予測できれば、孫正義氏やビルゲーツ氏のように大成功できるかも知れません。さあ、空想のタイムマシーンに乗ってみましょう。
プログラムを作ってみよう 担当:山本先生
プログラム作成を体験します.最初にプログラム開発環境(Eclipse)を紹介します.そして,簡単なプログラムをEclipseとJava言語を利用して作成します.最後に,講義で行っている以下のようなゲームプログラムの作成と実行を行います.

This movie requires Flash Player 9