1. Home
  2. >
  3. 学外ニュース
  4. >
  5. 山本君2017年機械学会(中国四国学生会)優秀発表賞受賞

山本君2017年機械学会(中国四国学生会)優秀発表賞受賞

2017.10.30

機械創造工学科4年 山本一輝君(兵庫県三木北高等学校)が、卒業研究「フィルム冷却へのヨーアングルへの影響について」の内容で、2017年機械学会(中国四国学生会)優秀発表賞を見事受賞されました。機械創造工学科での学びが、大きな成果につながりました。

低速伝熱風洞の前で受賞のメダルをかざす山本君

高温ガスタービンのタービン動静翼の冷却手法の一つであるフィルム冷却は、圧縮機で製作した空気の一部をタービン翼面に設けられた冷却孔から吹き出し、高温ガスとタービン翼面の間に冷却膜を作ってタービン翼を高温ガスから守る冷却手法です。この冷却孔の形状を工夫することによって、少量の冷却空気で広い範囲を冷やす事が出来ます。PSP(Pressure Sensitive Paint:感圧塗料)を用いた風洞試験や医療用MRIを用いた流動試験など最新の研究に取り組んでいます。

機械学会(中国四国学生会)主催卒業研究発表会の本学の参加者

トップへ戻る

関連リンク一覧