1. Home
  2. >
  3. 学内ニュース
  4. >
  5. 競技ロボットを製作しました

競技ロボットを製作しました

2018.04.23

キャリーイングロボットとスローイングロボットの2台による競技。

キャリーイングロボットはシャトルコック置き場からシャトルコック(ひも付きのボール)を回収して、スローイングロボットに渡します。

スローイングロボットは、スローイングエリア(TZ1~TZ3)からシャトルコックを投てきし、リングを通過させます。

TZ3から投てきしたシャトルコックがリングを通過し、ゴールデンカップに入ると勝利します。

2年連続出場を目指し、2台の競技ロボットを製作して、第2次ビデオ審査に応募しましたが、残念ながら通過することができませんでした。

キャリーイングロボット(右)がシャトルコックをスローイングロボット(左)に受け渡すところ

スローイングロボットがシャトルコックを投てきしてゴールデンカップに入れる様子(連続合成写真)

トップへ戻る

関連リンク一覧