Category Archives: 大学院

「女子学生による私の未来発見事業」で最優秀賞に選ばれました

香川県内の大学や短大、高専の女子学生が、自身の手本となる県内で活躍する女性にインタビューし、動画を制作する「女子学生による私の未来発見事業」の発表・審査会が11月23日にありました。
ナノ物質工学科からも3名の学生が参加した香川薬学部と理工学部の合同チーム「Science Women」は、2016年「ロレアル・ユネスコ女性科学賞-国際新人賞」を受賞した向井さん(本学卒業生)をインタビューした動画を制作し、この発表会で最優秀賞の栄誉に輝きました。
<参考リンク>
「女子学生による私の未来発見事業」発表会・表彰式を開催しました
新しい動画「女子学生による私の未来発見事業」を公開

國本研の発表がIDW’15でポスター賞に選ばれました!

2015年12月9日より開催されましたIDW’15(THE 22ND INTERNATIONAL DISPLAY WORKSHOPS)で、國本研究室の発表がポスター賞に選ばれました!

IDW ’15 Outstanding Poster Paper Award Winner
“Continuous Hydrothermal Synthesis of YVO4:Eu,Bi Nanophosphor Using Flow Channel and Microwave Heating”
(T. Kunimoto, Y. Fujita, H. Okura)

(日本語訳)
「マイクロ波加熱によるYVO4:Eu,Biナノ蛍光体の連続水熱合成」
(國本崇、藤田佳子(徳島文理大)、大倉央(メルク(株))
”(電子レンジと同じ)マイクロ波加熱を用いて、流路に流通させた蛍光体の前駆体水溶液を120℃程度に急速加熱し、高圧容器中で加熱する従来法で作製したものと同等な性能を示すYVO4:Eu,Biナノ蛍光体を、およそ20倍高速に合成することに成功した。”

向井理紗さんがロレアルーユネスコ女性科学者 日本奨励賞を受賞しました

大島先生と向井さん
本学大学院工学研究科ナノ物質工学専攻博士後期課程卒業(大島研究室)の向井理紗さんが、第10回 ロレアルーユネスコ女性科学者の生命科学分野で日本奨励賞を受賞しました。向井さんは、「ウイルス性白血病発症機構の解明」に貢献したことが評価されての受賞となりました。
2015年7月8日に第10回「ロレアル‐ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」の授賞式がフランス大使公邸で開催されました。さらに創設10周年を祝して、常陸宮妃殿下がご臨席され、「日本をはじめ、世界規模で女性の研究者を支援していることは大きな意義がある。この賞が続くことで、科学の研究に光を当て、いっそう発展することに期待します」とお言葉を述べられました。受賞式の様子は、読売新聞、朝日新聞、毎日新聞をはじめ、多数のメディアで大きく報道されました。
※ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞とは、日本の若手女性科学者が研究活動を継続できるよう奨励することを目的に05年、日本ロレアルが日本ユネスコ国内委員会との協力で創設されたものです。

関連リンク:
日本ロレアル http://www.nihon-loreal.jp/corp/
NEWS LOUNGE http://newslounge.net/archives/175128

YouTube Preview Image

優秀賞を受賞しました

2月21日に統計数理研究所(立川市)において,平成26年度 データ解析コンペティション 日本計算機統計学会スタディグループ の最終報告会がありました.

理工学部からは,データ1 と データ2 の学生部門に1チームずつが参加しました.

データ2 に参加したチーム(Project-CT2)が優秀賞を受賞しました.

発表を行う電子情報工学科4年の高野君です

発表を行う電子情報工学科4年の高野君です.この発表が優秀賞を受賞しました.

発表を行うシステム制御工学専攻1年の中田君です

発表を行うシステム制御工学専攻1年の中田君です

データ解析コンペティション中間報告会で発表を行いました

12月20日(土)に統計数理研究所(東京都立川市)で行われた,平成26年度データ解析コンペティションの日本計算機統計学会スタディーグループ中間報告会において,2チームが発表を行いました.

全日本食品のデータにエントリーしているチーム (チーム名 Project-CN) は,システム制御工学専攻1年の中田君が発表を行いました.

良品計画のデータにエントリーしているチーム (チーム名 Project-CT4) は,電子情報工学科4年の高野君が発表を行いました.

よい評価をいただきました.そして,最終報告会に向けた目標を定めることもできました.

提供されたデータを3次元空間へ可視化するソフトウェアの説明をする中田君です

提供されたデータをアニメーションによって可視化するソフトウェアの説明をする中田君です

優秀賞(平成25年度データ解析コンペティション日本計算機統計学会スタディグループ部門)を受賞しました

3月10日に統計数理研究所において,平成25年度データ解析コンペティション 日本計算機統計学会スタディグループ の最終報告会がありました.

理工学部からは,ECサイト購買・閲覧データの課題設定部門とスキャンパネル・パネル調査データの学生部門に1チームずつが参加しました.

スキャンパネル・パネル調査データの学生部門に参加したチーム(Project-CT)が優秀賞を受賞しました.

ECサイト購買・閲覧データの課題設定部門でプレゼンテーションを行う大学院2年の尾崎君です

ECサイト購買・閲覧データの課題設定部門でプレゼンテーションを行う大学院2年の尾崎君です

スキャンパネル・パネル調査データの学生部門でプレゼンテーションを行う電子情報工学科3年の高野君です

スキャンパネル・パネル調査データの学生部門でプレゼンテーションを行う電子情報工学科3年の高野君です

優秀賞を受賞した感想を話す高野君と奥村君(電子情報工学科1年)です

優秀賞を受賞した感想を話す高野君と奥村君(電子情報工学科1年)です

Project-CT

工学研究科 修士論文 公聴会を行いました

徳島文理大学大学院工学研究科システム制御工学専攻とナノ物質工学専攻の修士論文公聴会を行いました.
ナノ物質工学専攻は10時から3230教室,システム制御工学専攻は10時30分から理工学部会議室で,大学院博士前期課程の2年生が2年間の研究成果を発表しました.

公聴会を始める前の研究科長の多田先生のあいさつです

公聴会を始める前の研究科長の多田先生のあいさつです

CIMG0006

CIMG0011

e-とくしま推進財団から表彰されました

平成26年1月30日,ホテルパークウェストンにおいて,平成25年度e-とくしま推進財団表彰(団体部門)表彰状授与式が行われ,徳島文理大学理工学部電子情報工学科は,データ解析コンペティションへの出場を通じ,高度なICT技術者の育成,普及に努めた功績により,表彰されました.

表彰式には,理工学部電子情報工学科学科長の田淵先生が出席しました.
IMG_2098

IMG_2099