Category Archives: ナノ物質工学専攻

「女子学生による私の未来発見事業」で最優秀賞に選ばれました

香川県内の大学や短大、高専の女子学生が、自身の手本となる県内で活躍する女性にインタビューし、動画を制作する「女子学生による私の未来発見事業」の発表・審査会が11月23日にありました。
ナノ物質工学科からも3名の学生が参加した香川薬学部と理工学部の合同チーム「Science Women」は、2016年「ロレアル・ユネスコ女性科学賞-国際新人賞」を受賞した向井さん(本学卒業生)をインタビューした動画を制作し、この発表会で最優秀賞の栄誉に輝きました。
<参考リンク>
「女子学生による私の未来発見事業」発表会・表彰式を開催しました
新しい動画「女子学生による私の未来発見事業」を公開

國本研の発表がIDW’15でポスター賞に選ばれました!

2015年12月9日より開催されましたIDW’15(THE 22ND INTERNATIONAL DISPLAY WORKSHOPS)で、國本研究室の発表がポスター賞に選ばれました!

IDW ’15 Outstanding Poster Paper Award Winner
“Continuous Hydrothermal Synthesis of YVO4:Eu,Bi Nanophosphor Using Flow Channel and Microwave Heating”
(T. Kunimoto, Y. Fujita, H. Okura)

(日本語訳)
「マイクロ波加熱によるYVO4:Eu,Biナノ蛍光体の連続水熱合成」
(國本崇、藤田佳子(徳島文理大)、大倉央(メルク(株))
”(電子レンジと同じ)マイクロ波加熱を用いて、流路に流通させた蛍光体の前駆体水溶液を120℃程度に急速加熱し、高圧容器中で加熱する従来法で作製したものと同等な性能を示すYVO4:Eu,Biナノ蛍光体を、およそ20倍高速に合成することに成功した。”

向井理紗さんがロレアルーユネスコ女性科学者 日本奨励賞を受賞しました

大島先生と向井さん
本学大学院工学研究科ナノ物質工学専攻博士後期課程卒業(大島研究室)の向井理紗さんが、第10回 ロレアルーユネスコ女性科学者の生命科学分野で日本奨励賞を受賞しました。向井さんは、「ウイルス性白血病発症機構の解明」に貢献したことが評価されての受賞となりました。
2015年7月8日に第10回「ロレアル‐ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」の授賞式がフランス大使公邸で開催されました。さらに創設10周年を祝して、常陸宮妃殿下がご臨席され、「日本をはじめ、世界規模で女性の研究者を支援していることは大きな意義がある。この賞が続くことで、科学の研究に光を当て、いっそう発展することに期待します」とお言葉を述べられました。受賞式の様子は、読売新聞、朝日新聞、毎日新聞をはじめ、多数のメディアで大きく報道されました。
※ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞とは、日本の若手女性科学者が研究活動を継続できるよう奨励することを目的に05年、日本ロレアルが日本ユネスコ国内委員会との協力で創設されたものです。

関連リンク:
日本ロレアル http://www.nihon-loreal.jp/corp/
NEWS LOUNGE http://newslounge.net/archives/175128

YouTube Preview Image

工学研究科 修士論文 公聴会を行いました

徳島文理大学大学院工学研究科システム制御工学専攻とナノ物質工学専攻の修士論文公聴会を行いました.
ナノ物質工学専攻は10時から3230教室,システム制御工学専攻は10時30分から理工学部会議室で,大学院博士前期課程の2年生が2年間の研究成果を発表しました.

公聴会を始める前の研究科長の多田先生のあいさつです

公聴会を始める前の研究科長の多田先生のあいさつです

CIMG0006

CIMG0011

ナノ物質工学専攻1年の藤田さんが国際学会で発表を行いました。

大学院工学研究科でナノ物質工学専攻1年の藤田 佳子さん(國本研究室)が香港浸會大學で開かれた第16回ELワークショップ/2012自発光ディスプレイと照明の科学と技術に関する国際会議(H24年12月10~14日)で発表を行いました。

発表者 藤田 佳子1),三上昌義2),下村康夫2)國本 崇1)
1)徳文大院 工学研究科 ナノ物質工学専攻
2)三菱化学
講 演 題 目 Divalent Eu-activated Oxyfluoride Phosphor with Perovskite Structure


※この記事はナノ物質工学科のページでも掲載しています。

ノンアルコールワインの開発を始めました

徳島文理大学オリジナル     ノンアルコールワインの開発

 

徳島文理大学理工学部では地元活性化を目指し、さぬきワインナリー(さぬき市SA公社)と連携し、ノンアルコールワインの開発を開始しました。

県内産ぶどう(香大農R-1など)を使いアルコール濃度の低いワイン発酵(ナノ物質工学科)誰でも美味しい!という味!を追求した学生チームに分かれ協力して、ノンアルコールワインの商品化を目指しています。

テレビ局や新聞

2012年6月7日 RNC西日本放送とOHK岡山放送
2012年6月8日 FM香川、香川経済レポート

詳しい説明は    オープンキャンパス
・ノンアルコールワインのこともっと知りたい!
    ・一度のんでみたい
    ・一緒に 味決めや開発をしてみたい!
    ・ナノってなんなの?

そんな人は、、、
オープンキャンパス
遊びに来てください
7/16, 8/5, 8/26