Tag Archives: ナノ物質工学科

国家資格・公害防止管理者試験(水質3種)に合格!

平成27年10月4日(日)に実施された公害防止管理者等国家試験でナノ物質工学科の4年岡林 修平君が水質関係3種公害防止管理者に合格しました。
箕田学科長は岡林君の努力を称えるとともに、「国家資格試験にチャレンジするための支援体制をさらに充実したい」と話しています。
IMG_4451

國本研の発表がIDW’15でポスター賞に選ばれました!

2015年12月9日より開催されましたIDW’15(THE 22ND INTERNATIONAL DISPLAY WORKSHOPS)で、國本研究室の発表がポスター賞に選ばれました!

IDW ’15 Outstanding Poster Paper Award Winner
“Continuous Hydrothermal Synthesis of YVO4:Eu,Bi Nanophosphor Using Flow Channel and Microwave Heating”
(T. Kunimoto, Y. Fujita, H. Okura)

(日本語訳)
「マイクロ波加熱によるYVO4:Eu,Biナノ蛍光体の連続水熱合成」
(國本崇、藤田佳子(徳島文理大)、大倉央(メルク(株))
”(電子レンジと同じ)マイクロ波加熱を用いて、流路に流通させた蛍光体の前駆体水溶液を120℃程度に急速加熱し、高圧容器中で加熱する従来法で作製したものと同等な性能を示すYVO4:Eu,Biナノ蛍光体を、およそ20倍高速に合成することに成功した。”

香川発ノンアルコールワイン発売

さぬき市にあるさぬきワイナリーと徳島文理大が共同開発した香川発ノンアルコールワインが3月27日より発売となりました。
このノンアルコールワインの開発には、理工学部ナノ物質工学科の水野准教授とナノ物質工学科の学生がさぬきワイナリーと共に携わり、3年間の開発期間を経て発売までこぎつけることができました。
特にナノ物質工学科の学生はワインの発酵から消費者に受け入れられる味わいの調査まで大きく携わっています。
今年は限定300本がさぬきワイナリーで発売されますので、ご興味がある方はぜひお買い求めください。

各メディアによる紹介は以下の通りです。
KSB瀬戸内海放送 公式チャンネル
RNC西日本放送

松田教授が日本学術振興会より「ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞」を受賞

このたび、理工学部ナノ物質工学科の松田和典教授が,独立行政法人日本学術振興会より「ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞」を受賞しました。日本学術振興会理事長より表彰状と楯が贈呈され,桐野豊学長より手渡されました。

 ひらめき☆ときめきサイエンスは,同会が科研費の成果を普及・還元する事業「ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI(研究成果の社会還元・普及事業)」で,研究機関が行っている最先端の科研費の研究成果について小学校5・6年,中学生,高校生の皆さんが,直に見る,聞く,ふれることで,科学のおもしろさを感じてもらうプログラムです。松田教授は文部科学省在外研究員としてイリノイ大学で研究,科研費採択により研究成果をあげた後,「マイクロセンサーが開く世界 ~ゲーム機から宇宙開発まで~」をテーマとした本プログラムを平成21年度から継続的に実施し.将来を担う子どもたちの科学する心をはぐくみ,知的好奇心の向上に大きく貢献したことが認められ今回の受賞に至りました。
 松田教授の研究分野は携帯電話やゲーム機でお馴染みのモーションプレイ,体重や血圧計などの医療検査,自動車の制御,ロボット,宇宙での作業の制御などに使われるマイクロ・ナノデバイスの研究を行っています。最近の研究で,シリコンの電気特性を調べていたところ,失敗かと思った実験結果から新しい効果を発見し,センサーへ応用しようとしています。

第9回技術交流会を行いました

12月4日に徳島文理大学香川キャンパスで理工学部・地域共同開発センター主催による第9回技術交流会を行いました。
短い時間に講演4題と懇談、展示紹介と少し忙しいスケジュールになりましたが、多数の方にご出席頂き、非常に盛況な会となりました。
この場を借りましてお礼を申し上げます。

会の模様については徳島文理大学 地域共同開発センターより紹介しますが、
四国新聞様に取り上げていただきましたので、こちらをご覧ください。

第2回 「うどん県 書道パフォーマンス大会 in サンポート高松」 に出店を開きます

第2回 「うどん県 書道パフォーマンス大会 in サンポート高松」 が8月18日 (日)サンポート高松で行われます。徳島文理大学は協賛として参加していますが、理工学部はその場に出店を用意しました。
ナノ物質工学科はその中にオープンキャンパス出張版として、触ってビックリな化学体験をできるよう現在準備中です。
「面白そうだけどいきなり大学に行くのは敷居が高いな」と感じていた方は、この機会に化学体験と書道パフォーマンスをお楽しみ下さい。

書道パフォーマンス大会の詳しい内容は、大会の専用ページ
理工学部のオープンキャンパスを知りたくなったら 理工学部体験学習スケジュール

「おもしろワクワク化学の世界2013」に参加します

8月17日(土)、18日(日)の2日間、高松天満屋の9階催し物会場にて「おもしろワクワク化学の世界2013」が開催されますが、その中の「DNAに触れてみよう!~バナナからのDNA抽出に挑戦~」をナノ物質工学科が担当します。他にも様々な化学体験ができるようにたくさんのブースがありますので、子供から大人まで楽しめる内容となっています。
興味を持たれましたら是非ご参加ください。

 開催チラシはこちら → 「おもしろワクワク化学の世界2013」(PDF)
 プログラムなど詳しい内容は、2013年香川化学展

中級バイオ技術者認定試験で2名の合格者が出ました

ナノ物質工学科の生命科学コースではバイオテクノロジー、生化学、微生物学、遺伝子工学などの講義・演習を行っています。

大学での講義の理解度を測る指標として、中級バイオ技術者認定試験の受験を推奨していますが、平成24年12月23日に行われた第21回中級バイオ技術者認定試験にてナノ3年の2名が合格を致しました。

バイオ技術に興味がある、香川でバイオについて学んでみたい、ナノ物質工学科ってどんなところ? と興味を持った方は是非こちら