工学研究科

最新鋭の施設や機器が充実する研究環境のもとで, 独創的な研究や新技術の開発を推進. 就職率100%を達成しています.

システム制御工学専攻

独創的な研究や先端技術の開発ができる技術者・研究者を養成

来るべき将来のさまざまな問題に対し,技術的な立場から総合的に対処,解決のできる人材,高度な知識を持ち,柔軟な考え方ができる研究者・技術者の養成をめざしています.理工学部の各学科の特長をシステム制御という横断的科学技術の観点から総合的にとらえ,相乗効果を発揮できるようにカリキュラムを編成.研究室では最新のシステム機器を駆使し,独創的な研究,先端技術の開発が積極的に行われます.実験系の研究室には最先端の実験装置を配置し,理論系の研究室ではひとり1台の割合で最新のコンピュータやワークステーションを完備.さらに各研究室に配属された学生には個人の研究スペースが分け与えられるなど,24時間態勢で研究・学習ができる環境です.
また,後期課程学生には,他大学研究室とも積極的に交流を行える環境を整備しています.

ナノ物質工学専攻

新しいナノ技術の開発と新産業の創出をめざすナノ材料工学,光物質工学,微生物の技術者・研究者を養成

あらゆる技術の根幹には,高性能・高機能の物質・材料が不可欠であり,今後の飛躍的な発展のためには物質を原子・分子レベルで解明した後,原子・分子のまま,あるいはそれらの集合体として新しい機能の発現につなげる研究が必要です.そのため,ナノテクノロジー分野での技術者・研究者養成の必要性が高まっており,2004年4月,ナノ物質工学科を開設しました.さらに高度な理学的研究と工学的応用研究を担うことのできる人材の育成を目的に2005年4月に大学院ナノ物質工学専攻を開設.博士前期課程では,ナノ領域に関わる広い視野に立ち,新たな技術開発に貢献しうる人材の育成を,博士後期課程では新しいデバイスの創製に必要な高度な研究能力と豊かな学識を養い,自立して研究活動に従事できる研究者の養成を行います.

学位・免許

  • 博士前期課程2年…修士(工学) 博士後期課程3年…博士(工学)
  • 教員専修免許/高(工業)・中(技術)
    ※ただし一種免許を有するものに限る

主な進路

コンピュータ・電子機器・機械メーカー・装置産業,エンジニアリング会社,ソフトウェア会社,食品産業, 化学産業など幅広い分野での研究・専門職として活躍