講義内容(博士前期課程)

授業科目 単位数
システム制御基礎 制御工学特論Ⅰ 2
制御工学特論Ⅱ 2
システム工学特論Ⅰ 2
システム工学特論Ⅱ 2
システム制御工学特論 2
電子情報通信基礎工学特論 2
信頼性工学特論 2
システム計測制御 生産システム制御工学特論 2
生体計測制御工学特論 2
熱流体計測工学特論 2
環境計測工学特論 2
電子計測制御工学特論 2
システム情報計測 計算機工学特論 2
情報伝送工学特論 2
画像情報工学特論 2
情報システム工学特論 2
システム制御応用 流体振動制御工学特論 2
交通輸送制御工学特論 2
産業ロボット工学特論 2
自然環境システム工学特論 2
システム制御特別実験 環境シミュレーション実験 2
プロセス制御・機械工学実験 2
生体医用応用工学実験 2
システム制御特別演習 振動・制御力学演習 2
品質管理シミュレーション演習 2
システム制御工学演習 2
システム制御工学関連科目 応用力学特論 2
機械振動工学特論 2
機械材料工学特論 2
電子材料工学特論 2
エネルギー変換工学特論 2
システム制御ゼミナールⅠ ※4
システム制御特別研究Ⅰ ※8

※は必修 他は選択

  1. 修了に必要な要件は、必修科目12単位を含め、30単位以上を修得し、かつ修士論文の審査および最終試験に合格しなければなりません。
  2. ただし、修了に必要な選択科目の単位には、工学研究科の他専攻博士前期課程の選択科目を履修して単位取得した場合には、4単位まで含めることができます。