ナノ物質工学専攻

目的

新しいナノ技術の開発と新産業の創出をめざしナノ材料工学,光物質工学,微生物学の研究者・技術者を養成する

あらゆる技術の根幹には,高性能・高機能の物質・材料が不可欠であり,今後の飛躍的な発展には,物質の特徴を原子・分子のレベルで解明した後,原子・分子のまま,あるいはそれらの集合体として新しい機能の発現につなげる研究が必要です.そのため,ナノテクノロジー分野での技術者・研究者の育成の必要性が益々高まっていますが,物質をナノレベルで理解するには広範な基礎学力と高度の応用力が必要となります.

こうしたナノテクノロジー分野の技術者・研究者の育成のため平成16年4月にナノ物質工学科を開設しました.さらに高度な理学的研究と工学的応用研究を担うことのできる技術者・研究者の育成を目的として,大学院ナノ物質工学専攻を平成17年4月に開講しました.博士前期課程では,ナノ領域にかかわる広い視野に立ち,新たな技術開発に貢献しうる人材の養成を,博士後期課程では新しいデバイスの創製に必要な高度な研究能力と豊かな学識を養い,自立して研究活動に従事できる研究者の育成を行います.また,隣接する香川薬学部,同大学院と密接な連携をとりながら,医薬,生理活性物質の創製をめざした研究開発のプロも育てます.