指導教員(博士前期課程)

専門分野の内容  指導教員 研究内容



専門分野1 光物質工学分野  
ナノテクノロジーを利用した,新規発光材料,光,電場応答材料の開発と応用を行う.  教授
松田 和典
微細加工技術をもとにしたマイクロデバイスの設計・製作および電気的機械的特性評価,および半導体の電気的物性に関する基礎研究とそれを応用したデバイス開発や信頼性評価,ナノエレクトロニクス技術にもとづく分子レベルの素子や量子デバイスに関する研究を行う.(講義科目: 光情報材料光学特論Iおよび&II,応用数学特論I)
准教授
國本 崇
無機固体から有機分子まで幅広い物質を対象に,マイクロ波合成,レーザプロセッシング等の技術を用いて発光材料創成を行う.軌道放射光分光などの評価技術と,これに基づく材料設計,マイクロ波加熱を用いた超高速合成,超短パルスレーザを用いた非熱加工による機能付与を行う.(講義科目: 光物性工学特論,光物質工学特別講義)
専門分野2 ナノ材料工学分野  
ナノ領域での構造と性質を制御により,薄膜開発や有機電子材料等に代表されるナノ材料開発と応用を行う.   教授
藤村 哲也
マイクロセンサの開発には,ナノ材料工学技術が必要不可欠である.当研究室では,工学と歯学の連携環境の下でナノ材料工学技術を応用し,歯の微小変位が6自由度で測定できる口腔内3次元変位計測センサの開発・研究を行う.(講義科目: ナノ応用材料工学特論I,ナノ材料工学特別講義)
准教授
佐藤 一石
天然高分子のセルロースや合成高分子などの有機材料,無機材料および溶媒(主として水)を用い,環境,医療,食品,エレクトロニクスなどの分野を対象としたナノオーダーで構造制御された新規材料研究と材料評価に関する基礎研究を行う.(講義科目: 物理化学特論I,ナノ材料工学特別講義)
講師
森本万里子
天然高分子のセルロースや合成高分子などの有機材料,無機材料および溶媒(主として水)を用い,環境,医療,食品,エレクトロニクスなどの分野を対象としたナノオーダーで構造制御された新規材料研究と材料評価に関する基礎研究を行う.(講義科目: 物理化学特論I,ナノ材料工学特別講義)



専門分野3 微生物工学分野    
バイオテクノロジーを通して基礎的研究から,食料,医療,農業およびナノ材料の生産など広い分野での応用的研究を行う.  准教授
文谷 政憲
微生物が生み出す有用な物質の機能解析とその応用研究を行っている.主なテーマは次のとおり.

  1. 細菌由来のセルロース生産システムの解析および大量生産系の開発
  2. 酵素法による植物ステロールの合成

(講義科目: 分子遺伝学特論I,微生物工学特別講義)

 
准教授
水野 貴之
当研究室では,なじみ深い微生物である酵母を主として用いて,お酒やパンなどの地域と連携した食料品の開発,鶏の成長促進や鳥インフルエンザ対策,植物工場における生物農薬システムの構築,感染症やアレルギーの機構解析,廃材や廃棄物からのバイオエタノール生産など未来の暮らしを豊かにするための様々な研究を行っている.(講義科目: 遺伝子工学特論I,微生物工学特別講義)  
 専門分野4 薬科学分野    
 薬科学,とりわけ先進医療薬学,生物薬学,創薬科学,疾病薬学の4領域から研究を行い,人間の健康維持への応用を行う.    教授
小西 史朗
  1. 抑制性GABAシナプス伝達の可塑性を制御する分子構造の研究
  2. 興奮・抑制性シナプス活動を可視化するためのイメージング法の構築
  3. GABAシナプスに関連した精神疾患治療薬の創成期盤の探索
 
 教授
東屋 功
  1. 巨大環状分子をリガンドとするナノ構造の構築
  2. キラル分子認識能を持つ環状ホスト分子の合成
  3. 有機化合物の不斉結晶化に関する研究
 
教授
丸山 徳見
抗ウイルス剤の合成研究