指導教員(博士後期課程)

専門分野の内容 指導教員 研究内容
材料科学系 専門分野1 光物質工学分野
ナノテクノロジーを利用した,新規発光材料,光,電場応答材料の開発と応用を行う. 教授
松田 和典
半導体電子材料のなかでもシリコンは主流であり,微細加工技術の進歩とともにマイクロエレクトロニクスからマイクロマシンへと進展している.本講では半導体の電子輸送現象をもとにしたサイズ量子化やナノエレクトロニクスについて研究する.さらに光学的・機械的物性を取り入れたデバイスの信頼性評価やMEMS設計についても言及する.(講義科目: 光情報材料工学特論IおよびII, 応用数学特論I)
准教授
國本 崇
無機個体を中心にした幅広い物質を対象に,軌道放射光分光などの評価技術と,これに基づく材料設計,マイクロ波加熱を用いた超高速合成,超短パルスレーザを用いた非熱加工によるナノ構造形成による機能付与により,新奇な発光材料の開発,研究を行う.
(講義科目: 光ナノ物質工学特論II)
専門分野2 ナノ材料工学分野
ナノ領域での構造と性質を制御により,薄膜開発や有機電子材料等に代表されるナノ材料開発と応用を行う. 教授
藤村 哲也
ヒトの歯の咬合(コウゴウ)は,全身の健康とも密接に関係し,歯学における重要な研究課題の一つとされている.しかし,咬合時の歯の様態が完全に解明出来る装置は存在していない.本研究室では,工学と歯学の連携環境の下でのナノ材料技術を応用し,歯の微小変位が6自由度で測定出来る装置の開発・研究を行う.
(講義科目: ナノ応用材料工学特論II)
准教授
佐藤 一石
ナノメートル(nm;10億分の1メートル)程度の大きさを持った物質構造を制御し,人類の役に立つ物を作り出そうという技術がナノテクノロジーである.本講義では,ナノオーダーの材料評価で用いる各種計測評価手法を取り上げる.さらに各種高分子を用いた構造制御,材料物性等を取り上げ,最終製品であるフィルム,繊維,多孔膜などの応用等についても紹介する.
(講義科目: 物理化学特論I,ナノ材料工学特別講義)
生命科学系 専門分野3 微生物工学分野
バイオテクノロジーを通して基礎的研究から,食料,医療,農業およびナノ材料の生産など広い分野での応用研究を行う. 准教授
文谷 政憲
地球上に存在する多種多様な微生物はさまざまな代謝を行っているが,現在では人為的な操作によって生体内の代謝を厳密に制御し,多くの新規物質の生産が可能になりつつある.本講義では酵素や微生物菌体によるバイオコンバージョンにより環境調和型技術の開発をめざす.
(講義科目: 酵素工学特論II)
専門分野4 医療工学分野
医学の周辺,例えば薬科学,臨床工学,先進医療薬学,生物薬学,創薬科学,疾病薬学,放射線工学などの研究を行い,人間の健康維持への応用を行う. 教授
丸山徳見
ナノスケールの病原体であるウィルスによる感染症は,21世紀における人類の大きな脅威である.特に新型のインフルエンザなど,いわゆる新興ウイルスの出現とその世界的規模での流行が危惧されている.本研究では,ウイルスの複製サイクルを論じ,有効な抗ウイルス薬の開発を目標とした研究を行う.
准教授
大島隆幸
我が国の死亡原因の一位はがんであり,特に近年ではウイルス感染症を起因としたがんは急増している.本研究では,がんウイルスによる細胞のがん化のメカニズムを明らかにするために,分子細胞生物学的手法を中心としたナノスケールでの解析を行い,新薬開発や新たな治療基盤の構築に貢献することを目標に研究を展開する.