学科内容

機械創造工学科が養成するのは、設計のスペシャリスト。
コンピュータ技術を駆使して機械とシステムの広がる用途、
そこに要求される多機能性を自由な発想で実現できる人をめざします。

基礎力をきちんと身につけて、専門分野へ

入学後は、数学や物理学などの基礎科目とともにコンピュータを学び、情報・制御技術に通じる基礎的な知識を身につけます。
低学年のうちに基礎教育科目をしっかり理解し、その後に深まっていく専門領域の履修がスムーズに進むよう配慮しています。

体験することを重視した授業を充実した設備で展開

機械創造工学科の授業は実験や演習を伴う科目が多いため、自然に積極的な姿勢が培われます。
また、教員との対話も頻繁で、コミュニケーション能力を高めるうえでも有意義です。
さらに機械設計や工作においていろいろな設備やソフトを整備。
ものづくりに適した環境が整っています。