先輩からのメッセージ

応用範囲がどんどん広がるナノテクノロジーに取り組む日々

「最先端の技術を身につけたい」と選んだナノ物質工学科で、学べば学ぶほど、ナノテクノロジーの応用範囲の広さを実感しました。この会社に決めたのは、多くの分野で使われている発泡プラスチックスに携わることで、いろいろな体験ができると思ったからです。現在は、お得意先の要望や質問に答えられるよう、自社製品についての理解を深めているところ。いままで知らなかった成型方法や物性特性を学ぶことができ、新鮮な毎日です。今後はさらにナノテクノロジーの重要性が増し、多様な取り組みができると思うので、とても楽しみです。

高性能な機器に囲まれ“最先端”を学ぶ楽しさ

ナノ物質工学科では化学・生物・物理とさまざまな分野の勉強ができます。幅広い知識とともに、今までほとんど経験のなかった化学実験の技術も一から身につけられます。今年は、「無機化学Ⅰ」で物質の構成について、「高分子化学」ではさまざまな合成の方法や高分子材料の特徴を学びました。これらの授業を通して物質の性質に興味がわき、将来は材料の開発に関連した職業に就きたいと思うようになりました。

“ものづくり”で社会の役に立つ仕事がしたい

非鉄・金属の世界的なメーカーに就職が決まりました。これまで勉強してきたシリコンなどの無機材料の知識がいかせるのではないかと楽しみにしていま す。勤務は工場になるので、業務に役立つ「公害防止管理者」資格を受験。TOEICも勉強中で、これからも努力し続けたいと考えています。先生方からは勉 強だけでなく、社会へ出た後に役立つアドバイスもいただきました。大学で身につけた自ら考え行動する力や、先生・先輩からの助言は私の財産です。

卒業後は海外で環境活動に従事

ナノ物質工学科では環境に関する国家資格である「公害防止管理者」をはじめ、環境問題に関する講義に力を入れています。私自身も環境問題に関する講義を履修し、日本だけでなく外国、特に発展途上国における環境問題に興味を持ちました。
卒業後は、JICAで募集している青年海外協力隊にてスリランカで環境教育にかかわることになりました。