学科内容

ナノテク・バイオの知識と技術で、地球環境維持に対応できる人材を育成します

すべての物質を分子、原子レベルで分析、制御する事を可能にした「ナノテクノロジー」「バイオテクノロジー」。その結果、技術分野もカテゴリーを越えて融合しつつあり、技術者や研究者には、工学的な知識と化学・物理・バイオの知識の両方を求められるようになりました。

物理系科目とバイオ系科目をバランスよく学べる本学科では、専門分野を学びながらナノテク・バイオの基礎と応用を習得できる「生命科学コース」「材料科学コース」を設置。地球環境維持に対応し、これからの産業技術をリードするエンジニアを育成します。

生命科学コース

DNA、酵素、糖質、脂質など微生物、動物、植物に含まれる物質について学びます。生体分子の解析技術や、食品・医薬品・ヘルスケアに関わる物質の創製技術を身につけます。

卒業研究
バイオエタノール、バイオセルロース、微生物酵素、医薬品の開発など
活躍できる分野
食品、医薬品、医療機器、環境分析関連の各種企業
材料科学コース

プラスティック太陽電池、カーボンナノチューブ、ナノマシン、ディスプレイなど無機薄膜や有機高分子について学びます。エレクトロニクス、エネルギー、化学品などの高性能材料の物質創製技術を身につけます。

卒業研究
プラスティック太陽電池、透明熱線反射膜、ナノ蛍光体、水処理膜、キチン・キトサンなど
活躍できる分野
化学、素材、精密機器、電子機器関連の各種企業