学びのポイント

世界最高レベルの分析機器を備えた充実の教育環境

ナノ物質工学科棟は、2階の学生実験室を含め、6階まですべてが実験室です。
そこには新たな可能性を秘めた「ナノ」の世界を調べるための、世界最高性能の飛行型質量分析計、核磁気共鳴装置、原子間力顕微鏡、高速液体クロマトグラフィーなどの充実した最新機器が設置され、ナノテク教育を行うためのハイレベルな環境が整っています。

多様な実験・実習により「ナノ」の可能性を探究

「ナノ」について学ぶには、さまざまな問題について、自分の目と手で確かめることが大切。
学んだ基礎科学は、応用につながります。ナノ物質工学科では、化学計測、生物化学、コンピュータシミュレーションなど種々の実験・演習を行い、「ナノ」の可能性を探ります。

学科の内容をもう少し詳しく知りたくなったら

   → 学科内容のページ

学科の様子を見てみたくなったなら

   → オープンキャンパスのページ

ナノテクノロジーについてもっと知りたくなったなら…

Touch! Nano Technology