6月16日のオープンキャンパスでは体験学習『光と色の世界』を行います

6月16日に行う体験学習のひとつ『光と色の世界』を担当する國本先生より一言:

人は身の回りに溢れる光で多くの情報を得ています。虹が七色に見えるのはヒトの視覚が基になっています。分光器を作製して、様々な種類の光源のスペクトルを観察することで、光の波長と視覚との関係を調べてみましょう。

オープンキャンパスでは、体験学習を13時からと14時からの2回行います。
体験学習は手を動かしたり観察したりといったことを中心に行う体験型のイベントで、大学へ入学後に学べる講義を先取りした内容を行います。
各教員が専門分野について趣向を凝らしてわかりやすく解説しますので、
「ナノ物質工学科って何をするところだろう?」と疑問を持った方は、是非、覗いて見てください。

ナノ物質工学科の他の体験学習を知りたくなったら → 体験学習スケジュール>

徳島文理大学のオープンキャンパスの情報は → 2013オープンキャンパス>