1. Home
  2. >
  3. 教員紹介
  4. >
  5. 文谷 政憲

教員紹介-Staff Profile-

教員名:文谷 政憲(ブンヤ マサノリ)

研究室:応用生物工学チーム バイオ生産研究室
学 位:博士(工学)

【主な担当授業】

バイオテクノロジー入門、基礎生物化学、生命科学実験A

経歴・学歴

1987年3月 大阪大学工学部醗酵工学科 卒業
1989年3月 大阪大学大学院工学研究科醗酵工学専攻前期課程 修了
1992年3月 大阪大学大学院工学研究科醗酵工学専攻後期課程 単位取得退学
1992年7月 広島大学総合科学部助手
2004年4月 徳島文理大学工学部ナノ物質工学科講師
2009年4月 徳島文理大学理工学部ナノ物質工学科准教授

研究内容

専門分野 微生物工学、応用生物工学
研究課題
(テーマ)
微生物を利用した有用物質の生産とその利用
研究概要 微生物がつくる有用物質の生産や利用に関わる研究をナノ物質工学科の先生方と協力して行なっています。カビ由来の酵素を使って脂質やアミノ酸の性質を変えて利用しやすくすること、ヒトに感染症を引き起こす酵母を線虫に感染させて、そのしくみを調べることを行なっています。今年から海藻の生育に関する研究も始めました。
主な研究論文・著書等 1. Morinaga, N., Maeda, A., Mizuno, T., Bunya, M., Sugihara, S., and Sugihara, A. (2011)
Synthesis of fatty acid sterol esters using cholesterol esterase from Trichoderma sp.AS59.
Enzyme Microb. Technol. 48, 498-504.
2. Maeda,A., Mizuno, T., Bun-ya, M., Sugihara,S., Nakayama,D., Tsunasawa, S., Hirota, Y., and Sugihara, A. (2008)
Characterization of novel cholesterol esterase from Trichoderma sp. AS59 with high ability to synthesize steryl esters.
J. Biosci. Bioeng. 105, 341-349.
3. Takeuchi, H., Chen, J.-H., Jenkins, J.R., Bun-ya, M., Turner, P.C., and Rees, H.H.
Molecular cloning and characterization of a sterol carrier protein 2/3-oxoacyl-CoA thiolase
from the cotton leafworm, Spodoptera littoralis. Biochem. J. 15, 93-100 (2004).
4. Yokota, S., Togo, S. H., Maebuchi, M., Bun-ya, M., Haraguchi, C. M., and Kamiryo, T. Peroxisomes of the nematode Caenorhabditis elegans. Distribution and morphological
characteristics. Histochem. Cell Biol. 118, 329-336. (2002).
5. Ghenea, S., Takeuchi, M., Motoyama, J., Sasamoto, K., Kunau, W.-H., Kamiryo, T., and
Bun-ya, M. The cDNA sequence and expression of the AAA-family peroxin genes prx-1 and prx-6 from the nematode Caenorhabditis elegans. Zool. Sci. 18, 675-681. (2001).

主な卒業研究

【2017】
線虫の温度感受性不妊変異株を用いたCandida glabrataの感染表現型の解析
セルロース合成細菌のゲノム解析
【2016】
酵母 Saccharomyces cerevisiaeのニトリルヒドラターゼ遺伝子破壊株の取得
ヒトCandida glabrata感染症の原因遺伝子の同定
【2015】
Trichoderma 属のコレステロールエステラーゼ遺伝子の解析
セルラーゼ活性を付与したCandia glabrataによるエタノール生産

学生へ向けたメッセージ

生命科学コースで学ぶ内容は、最終的には自分の体のことや私たちが生きる環境を学ぶことにつながります。健康や環境が重要視されるこれからの社会では、皆さんがどのような進路を選ばれても、本学科で学んだという経験が下地となり将来の問題を解決することに役立つことでしょう。

トップへ戻る

関連リンク一覧