1. Home
  2. >
  3. 教員紹介
  4. >
  5. 河合 浩行

教員紹介-Staff Profile-

教員名:河合 浩行(カワイ ヒロユキ)
学科長
研究室:システム制御工学研究室
学 位:博士(工学)

【主な担当授業】

計測工学、制御工学Ⅰ、制御工学Ⅱ、制御理論Ⅰ、制御理論Ⅱ、システム工学Ⅰ、システム工学Ⅱ、情報システム工学実験Ⅱ、機械工学演習E、システム工学特論Ⅰ(大学院)、制御工学特論Ⅰ(大学院)

経歴・学歴

1984年3月 大阪大学 基礎工学部 制御工学科卒業
1986年3月 大阪大学大学院 基礎工学研究科 修士課程修了
1986年4月 三菱電機(株)LSI研究所
1991年4月 三菱電機(株)システムLSI研究所
1999年10月 三菱電機(株)システムLSI事業化推進センター
2002年4月 (株)ルネサステクノロジ 製品技術本部
2008年4月 (株)ルネサステクノロジ システムコア技術開発統括部
2010年4月 ルネサスエレクトロニクス(株) システムコア技術開発統括部
2013年8月 ルネサスエレクトロニクス(株) グローバル事業戦略統括部
2014年3月 ルネサスエレクトロニクス(株) 第二ソリューション事業本部
2015年4月 徳島文理大学 理工学部 電子情報工学科 教授
2018年4月 徳島文理大学 理工学部 機械創造工学科 教授、学科長

研究室風景

研究内容

専門分野 電気電子工学、制御工学、SoC設計、センサネットワーク
研究課題
(テーマ)
ノーマリーオフ型センサーネットワーク、ニューラルネットワーク、自立適応型システム制御機構
研究概要 Smartの次を見据えて「Attentive(人に優しい)システム」の実現に向けたシステム制御技術の研究を行っています。システム自体やそれを取り巻く環境の変化などにも柔軟に対応できる自律制御技術の研究を通じて、安全・安心・快適な社会の実現を目指しています。最近は、IoT(Internet of Things)の普及に向けて、ノーマリーオフ・コンピューティング技術による超低電力センサーネットワーク技術や、新デバイス技術を用いた組込み用途向けニューラルネットワーク技術とそれら技術を使った自立適応型システム制御技術、組み込みコンピュータシステムについて研究を行っています。
主な研究論文・著書等 H.Kawai, Y.Inoue, R.Streitenberger, M.Yoshimoto, “A Highly Parallel DSP Architecture for Image Recognition”, IEICE TRANS., Vol.E78A,No.8, pp.963-970 (1995.8)
2. K.Inoue, H.Nakamura, H.Kawai, “A 10Mb Frame Buffer Memory with Ζ-Compare and A-Blend Ủnits”, IEEE JOÚRNAL OF SOLID-STATE CIRCUITS Vol.30, No.12, pp.1563-1568(1995.12)
3. H.Kawai, Y.Inoue, J.Kobara, S.Robert, H.Negishi, M.Kameyama, K.Fujishima, “A Programmable Geometry Processor with Enhanced Four-ParalleL SIMD Type Processing Core for PC-Based 3D Graphics”, IEICE Trans., Electron., Vol.E85-C, No.5, pp.1200-1210 (2002.5)
4. M.Kameyama, Y.Kato, H.Fujimoto, H.Negishi, Y.Kodama, Y.Inoue, H.Kawai, “3D Graphics LSI Core for Mobile Phone "Z3D"”, Graphics Hardware 2003, ACM SIGGRAPH / Eurographics Workshop, Proc. pp.60-67, (2003.7)
5. 亀山正俊、大西 宏、加藤義幸、 河合浩行、児玉幸夫, “携帯電話用3DグラフィックスLSIコア(Z3D)アーキテクチャ”, 電子情報通信学会論文誌, D-II Vol.J88-D-II, No.11, pp2223-2231(2005.11)
6. H.Fujiwara, M.Yabuuchi, Y.Tsukamoto, H.Nakano, T. Owada, H.Kawai, K. Nii, “A stable Chip-ID Generating Physical Uncloneable Function using Random Address Errors in SRAM”, Proc. of IEEE International SOC Conference 2012, pp.143-147 (2012.9)
7. I. Hayashi,T. Amano,N. Watanabe, Y. Yano, Y. Kuroda, M. Shirata, K. Dosaka, K. Nii, H. Noda, H. Kawai, “A 250-MHz 18-Mb Full Ternary CAM With Low-Voltage Matchline Sensing Scheme in 65-nm CMOS”, IEEE JOURNAL OF SOLID-STATE CIRCUITS, VOL.48, No.11, pp2671-2680 (2013.11)
8. M.Hayashikoshi, Y.Sato, H. Ueki, H.Kawai, T.Shimizu, “Normally-Off MCU architecture for Low-power Sensor Node”, Proc. of 19th Asia and South Pacific Design Automation Conference ASP-DAC 2014, pp.12-16 (2014.1)
9. Y. Nakata, Y. Kimi, S. Okumura, J. Jung,T. Sawada, T. Toshikawa, M. Nagata, H. Nakano,M. Yabuuchi, H. Fujiwara, K. Nii, H. Kawai, H. Kawaguchi, M.Yoshimoto, “A 40-nm Resilient Cache Memory for Dynamic Variation Tolerance Delivering X91 Failure Rate Improvement under 35% Supply Voltage Fluctuation”, IEICE Trans., Electron., Vol. E97-C, No. 4, pp.332-341 (2014.4)
10. M.Hayashikoshi, H.Noda, H.Kawai, Y.Murai, S. Otani, K.Nii, Y.Matsuda, H.Kondo, “Low-Power Multi-Sensor System with Power Management and Nonvolatile Memory Access Control for IoT Applications”, IEEE Transactions on Multi-Scale Computing Systems, (2018.4 Accepted.)

主な卒業研究

【2017】
・リアルタイム制御の最適化に関する研究 【H29年度優秀卒業論文賞受賞】
・遺伝的アルゴリズムによる制御パラメータの最適化に関する研究
・ノーマリーオフ・コンピューティング型センサノードの基礎研究
【2016】
・電池寿命の負荷電流周波数依存性
・電池寿命の負荷電流周波数依存性
【2015】
(着任年度のため、卒業研究はありません)

学生へ向けたメッセージ

機械創造工学科では、少人数制の授業を行っており、日本の基幹産業である「ものづくり」に必須の知識を基礎から応用まで効率よく学べるカリキュラムを用意しています。新しいものを作り出すことは、とても難しいけれどやりがいのあることです。けれども、うまくいくときもあれば、そうでないときも多くあります。そうしたときに、状況を分析し、色々な面から原因を考え、対応策を工夫できれば、ものづくりはきっと楽しくなると思います。学生の皆さんには、機械創造工学科での学びを通じて、自ら考える力を身に着けて欲しいと思います。そのためには、学生時代にチャレンジ経験を積み重ねることが重要だと考えます。機械創造工学科では、学生の自主的な「ものづくりチャレンジ」を応援しており、その活動の中で、学生の皆さんが失敗と創意工夫を繰り返しながら成長していくことを願っています。

トップへ戻る

関連リンク一覧