1. Home
  2. >
  3. 教員紹介
  4. >
  5. 新関 良樹

教員紹介-Staff Profile-

教員名:新関 良樹(ニイゼキ ヨシキ)

研究室:流体工学研究室
学 位:博士(工学)

【主な担当授業】

流体工学、計算機工学、プログラミング言語、学生実験、物理実験、流体振動制御工学特論

経歴・学歴

1982年3月 東京理科大学工学部機械工学科卒業
1984年3月 東京理科大学大学院工学研究科修士課程修了
1984年3月 株式会社東芝 総合研究所
1987年11月 株式会社東芝 重電技術研究所→電力・社会システム技術開発センター
2006年4月 東京理科大学 工学部 機械工学科 非常勤講師
2012年4月 横浜国立大学 大学院 工学府 客員教授
2014年4月 株式会社東芝 火力・水力事業部
2018年3月 徳島文理大学 理工学部 機械創造工学科 教授

研究内容

専門分野 流体力学、流体機械工学
研究課題
(テーマ)
ターボ機械の環状ディフューザの性能向上、水車流路流れの解明と損失低減
研究概要 2018年4月に着任しました。
これまでは企業でガスタービンや蒸気タービンなど火力発電用を中心とした流体機械の研究開発に携わってきました。
これらの流体機械は長い歴史をもっていますが、まだまだ改良すべき点は多くあります。本研究室ではディフューザなど流体要素の基礎試験や新しい計測手法へのチャレンジなど大学ならではの研究を進め、実験と解析の両面から流体機械の発展に貢献します。
また、地域に密着したテーマや再生可能エネルギー利用に関するテーマにも取り組んでいくことを考えています。

学生へ向けたメッセージ

大学では、3年になると研究室に配属されて研究に取り組むことになります。それまでの講義は、教科書などを用いて、すでに明らかになっていることがらを知識として身に着けることが主体ですが、研究室での活動は未知の問題を解決する作業となります。
様々な研究テーマがあると思いますが、問題解決のプロセスと、得られた成果や過程を他人に理解してもらうためのプレゼンテーションは共通です。これらこそが大学得るべき能力と思いますので、ぜひ一つのテーマを完遂してこれらを身に着けて巣立ってください。

トップへ戻る

関連リンク一覧