1. Home
  2. トピックス一覧

文理学で野球部の応援をしました

2012.06.30

6月30日に志度総合運動公園のアークバリアベースボールパーク志度で第2回「徳島文理大学 対 香川高等専門学校」の定期野球大会が行われました.試合が香川キャンパスの隣で行われるということもあって,1年生の必修科目である「文理学」の一環として応援をしました. この試合の始球式は,徳島文理大学 桐野学長が行いました.始球式の本番の前に,野球部副部長でもある,理工学部の森本先生とウォーミングアップを行いました.

始球式前のウォーミングアップです

              始球式前に,学長のインタビューもしました.インタビュアーも理工学部1年生です.

学長へのインタビューです

始球式の球に込める思いをお話ししていただけました

                          インタビューが終わってリラックス中のインタビュー担当者です.             応援のリーダーをした理工学部3年の皆さんです. 観戦中の1年生です.

少し眠そうな試合開始前です

一生懸命応援中です

文理大学の得点後の雰囲気です

ノンアルコールワインの開発を始めました

2012.06.22

徳島文理大学オリジナル     ノンアルコールワインの開発   徳島文理大学理工学部では地元活性化を目指し、さぬきワインナリー(さぬき市SA公社)と連携し、ノンアルコールワインの開発を開始しました。 県内産ぶどう(香大農R-1など)を使いアルコール濃度の低いワイン発酵(ナノ物質工学科)誰でも美味しい!という味!を追求した学生チームに分かれ協力して、ノンアルコールワインの商品化を目指しています。

テレビ局や新聞 2012年6月7日 RNC西日本放送とOHK岡山放送 2012年6月8日 FM香川、香川経済レポート 詳しい説明は    オープンキャンパス ・ノンアルコールワインのこともっと知りたい!     ・一度のんでみたい     ・一緒に 味決めや開発をしてみたい!     ・ナノってなんなの? そんな人は、、、 オープンキャンパス 遊びに来てください 7/16, 8/5, 8/26

優秀発表賞受賞(大学院博士後期課程1年 向井さん)

2012.06.22

全国から集まる血液疾患関係の研究者を抑えての快挙です.

大学院博士後期課程1年の向井理紗さんが平成24年6月15日,16日に日本薬学会長井記念ホール(東京都渋谷区)で開催された第13回Pharmaco-Hematologyシンポジウム 『血液からの創薬を考える』優秀発表賞を受賞しました. 受賞研究題目は,以下の通りです.
演題
HTLV-1 ゲノム産物由来のHBZによるストレス応答性宿主因子の機能制御
発表者
向井理紗(徳島文理大学大学院工学研究科),大島隆幸(徳島文理大学大学院工学研究科,徳島文理大学香川薬学部)
大島先生と向井さん

研究室で記念撮影しました(大島先生と向井さん)

「ひらめき☆ときめきサイエンス」への参加者募集

2012.06.13

こちらのページで「ひらめき☆ときめきサイエンス」への参加者募集を開始しました.

平賀源内先生子ども科学教室 第3回 わたあめを作る機械を作ってみよう

2012.06.09

平賀源内先生子ども科学教室 第3回 わたあめを作る機械を作ってみよう   主 催: (財)平賀源内先生顕彰会 徳島文理大学理工学部 さぬき市教育委員会 開 催 日: 6月9日(土),午前10時開始 開催場所: 徳島文理大学 理工学部 香川キャンパス 本日の講師:理工学部 ナノ物質工学科 水野貴之先生
(1)第3回目のこども科学教室は,「わたあめを作る機械を作ってみよう」です. (2)はじめに、アルコールランプの使い方について教わりました. (3)ナットとボルトと輪っかをつけチューブに押し込みます。
(4)そして、ギアにチューブを押し込みます。 (5)モーターの取り付けとスイッチと電池ボックス固定しています。 (6)あき缶にピンで小さい穴をたくさん開けます。指を刺さないように気をつけてね。
(7)プルトップをはずし、真ん中の部分をとります。 (8)先のとった部分に初めに作った。ナットとボルトと輪っかを接続して完成です。 (9)うまくわたあめが作れるかな?わたあめに色が付いてるね。

第1回オープンキャンパス2012が開催されました

2012.05.27

第1回オープンキャンパスが2012年5月27日に開催されました

実施内容
  • 理工学部の学部内容説明会
  • 各学科の教員による相談コーナー
  • 学生相談コーナー(在学生による相談)
理工学部 体験学習 機械創造工学科:「NHK大学ロボコン2012全国大会」出場ロボットの紹介 数学の理解の仕方・数学の特性について 電子情報工学科:通信のしくみをさぐってみよう 画像から実体へ ナノ物質工学科:酵素の力を知っていますか? ナノサイズのファイバーを作って、ナノサイズを観察する! 昨年からナノ物質工学科はコース制を取り入れました。 理工学部のオープンキャンパスに多くの方に参加いただきました。 ありがとうございました。 体験学習の様子
ナノ物質工学科の体験学習の様子です。 酵素の働きについて学習しています。次回は、6月17日です。 体験学習は、 「21世紀の灯り」 「DNAって何?遺伝子工学」 お楽しみね

 

 その他に、ナノ物質工学科の様々な紹介を聞いたり、杏ジャム試食会やDNA携帯ストラップ作りに挑戦してもらいました。 いずれも本学生が指導してくれるので大丈夫です。
 

日本計算機統計学会第26回大会を開催しました

2012.05.20

2012年5月12日と13日に,香川県社会福祉総合センターにおいて,日本計算機統計学会第26回大会を開催しました. この大会のために,電子情報工学科2年の関谷君と高野君,電子情報工学科3年の大野君と堤君,大学院の磯本君と尾崎君と堀君に手伝ったもらいました. とても頑張ってくれましたので,学会も問題なく開催することができました.

大会初日の受付の様子

初日の受付は,大学院の堀君と電子情報工学科3年の大野君と堤君(写真の左から)にお願いしました.他のみんなは,発表会場で頑張っています.

大会2日目の受付の様子

2日目の受付は,電子情報工学科2年の関谷君と大学院の堀君(写真の左から)にお願いしました.2日目の受付は,かなり余裕がありました.

後片付けが終わって,みんなで記念撮影しました

統計数理研究所の久保田先生とも記念撮影をしました

写真の左から,関谷君,大野君,堤君,久保田先生,堀君,尾崎君,高野君です.大会の後片付けも終わって,疲れています.

平賀源内先生子ども科学教室 第2回 (紙飛行大会)

2012.05.19

 
平賀源内先生子ども科学教室 第2回 紙飛行機大会(第7回大会)
主    催: (財)平賀源内先生顕彰会 徳島文理大学理工学部 さぬき市教育委員会  開 催 日: 5月19日(土),午前10時開始 開催場所 : 徳島文理大学 香川キャンパス 体育館2F
(1) 第2回目のこども科学教室は,第1回目につくった飛行機を飛ばす大会です. (2) はじめに競技の説明を聞きました. (3) はじめに,飛行距離競技です.4人ずつ並んで飛ばします
(4) 紙飛行機が停止した地点までの距離を測定します. (5)ホワイトボードには、上位者の記録が表示されています。 (6)先生に良く飛ぶ方法を伝授されています。
(7) つぎは,デザインコンテストです.カラフルな飛行機がずらりと並んでいます. (8) 1人2票ずつ投票できます. (9) 表彰式.上位3位までが表彰されました.

平賀源内先生子ども科学教室 第1回 (開校式,紙飛行機製作)

2012.05.12

 
平賀源内先生子ども科学教室 第1回 紙飛行機の製作
共催: (財)平賀源内先生顕彰会 徳島文理大学理工学部 さぬき市教育委員会 開催日: 5月12日(土),午前10時 開催場所: 徳島文理大学 理工学部(香川キャンパス) 本日の講師:理工学部 電子情報工学科 森本滋郎先生
(1) 平賀源内先生こども科学教室開校のごあいさつをいただきました. (2) 工作教室開始.はじめに,飛行機に関する講義をききました. (3) つぎに,紙飛行機の部品を確認しました.
(4) 最初につくるのは主翼です.部品を切り出して貼りあわせます. (5) 角度を調整して主翼が完成. (6)つぎに,機体の部品を切り出して組み立てていきました.
  5月19日(土)は紙飛行機飛ばし大会です.誰の飛行機が一番よく飛ぶかな?

NHK大学ロボコン2012出場決定

2012.04.19

トップへ戻る

関連リンク一覧