1. Home
  2. トピックス一覧

志度高校の模擬授業

2018.12.05

香川県立志度高等学校の情報科学科1年生の生徒さん40名が来学し、電子情報工学科の模擬授業を受けました。

模擬授業(1)「ロボット・プログラミング入門」
ライントレースロボットのプログラミングについて講義しました。

 

模擬授業(2)「音をきれいにするノイズ除去の実験」
音声信号処理のためのフィルタ理論について講義しました。

 

模擬授業(3)「データの分析」
データの分析や可視化,深層学習などについて講義しました。

平賀源内先生こども科学教室修了

2018.11.10

理工学部では,地域貢献活動の一環として「平賀源内先生こども科学教室」を毎年開催し,本学の学生がさぬき市の小学生に科学の面白さを伝えています.

 

平成19年度より、年間8回程度のペースで本教室を実施しています。
今年度は11月に最終回を迎えました。

本教室に参加した学生スタッフは、主体性やコミュニケーション力が上がったことを実感しています。

アーヘン工大からの留学生M2サクラムさん遍路ウオークに参加

2018.11.09

毎年恒例の香川キャンパスの全1年生が参加して行われる“遍路ウオーク”が2018.11.9に開催された。本年1月から本学に滞在のサクラムさん(Saglam:桜夢)が特別参加した。志度寺、長尾寺、大窪寺を訪れ、ひときわ美しい紅葉を楽しんだ。

機械創造工学科1年生と一緒に桜夢さんもお遍路道を歩いた。ドイツ生まれの桜夢さんは、最新のジェットエンジンの研究を本学で行う研究者ですが、日本の文化にも非常に関心が深く、今回訪れた古刹にも大変興味を持っていました。日独の交流が培われています。

長尾寺にて

分からない。教えてー??

お参りの前に清めて

大窪寺の見事な紅葉

国際会議ISTP-29で藤田隼矢君が論文を発表

2018.10.30

大学院工学研究科システム制御工学専攻前期博士課程2年生の藤田隼矢君は、2018年10月30日~11月2日に渡って米国ハワイ・ホノルルで開催された国際会議ISTP-29(29th International Symposium on Transport Phenomena)で自身が研究してきた成果を発表しました。

ISTP-29で発表する藤田君

高温ガスタービンのタービン動翼の冷却構造の一つであるラティス構造の3次元流動特性を医療用MRI(Magnetic Resonance Imaging)を用いて明らかにした研究成果が発表されました。世界でもまだ研究事例が少ない領域で、短いQ&Aの時間内で3問の質問があり関心の高さが伺われました。本学で学んでいることが世界に通じる研究であることが分かり大いに自信が付いたと申しています。

ISTP-29が開催されたホノルル国際展示場

ISTP-29の案内

SMART2018に出場

2018.10.28

今年の競技課題は「Shooting Target(狙いを定めて)」です。

ストーンやピンポン玉を回収し、フィールド中央のポイントエリアに投てきして、ポイントを競います。

徳島、香川、岡山の大学・高専から一般部門に12チーム、徳島、岡山の高専・高校からU-18部門に11チームが出場し、熱戦を繰り広げました。

本学から出場した3チームも健闘し、1チームが決勝トーナメントに進出しました。

 

電気関係学会四国支部連合大会で研究発表

2018.09.22

電子情報工学科2年生の川田成美さんと,大学院工学研究科1年の陶山瑞樹君が,愛媛大学で開催された電気関係学会四国支部連合大会にて,研究成果を連名で発表しました.

研究題目は「訪日外国人流動データの可視化ソフトウェアの作成」で,海外から日本を訪れた人がどのようなルートを経由して国外に出るかを可視化する研究です.この研究により,日本を訪れた人に対する新たなビジネスモデルの創出が考えられ,経済の活性化につながることが期待されます.

機械創造工学科の新入生歓迎会を行いました!

2018.07.10

2018年710日(火)、機械創造工学科の新入生歓迎会を開催しました。大学院生や各学年の先輩が中心となり計画を立て、新入生が有意義な大学生活を送れるように、食事をしながら、大学生活について先輩に質問したり、先生方に相談したりして、交流を深めました。また、ビンゴ大会もあり、文房具など大学生活で役立つ賞品が一人一人に手渡され、大いに盛り上がりました。

 

 

電子情報工学科の新入生歓迎会を行いました!

2018.04.24

2018423日(月),電子情報工学科の新入生歓迎会を開催しました.

2年生・3年生の先輩が中心となり,スポーツイベントを通して親睦を深めようと計画しました.

ソフトフリスビーを用いたアルティメットという競技をアレンジして,チームに分かれて対戦しました.

優勝チームにはカップ麺やお菓子の賞品が渡されるなど大変盛り上がりました.

 

競技ロボットを製作しました

2018.04.23

キャリーイングロボットとスローイングロボットの2台による競技。

キャリーイングロボットはシャトルコック置き場からシャトルコック(ひも付きのボール)を回収して、スローイングロボットに渡します。

スローイングロボットは、スローイングエリア(TZ1~TZ3)からシャトルコックを投てきし、リングを通過させます。

TZ3から投てきしたシャトルコックがリングを通過し、ゴールデンカップに入ると勝利します。

2年連続出場を目指し、2台の競技ロボットを製作して、第2次ビデオ審査に応募しましたが、残念ながら通過することができませんでした。

キャリーイングロボット(右)がシャトルコックをスローイングロボット(左)に受け渡すところ

スローイングロボットがシャトルコックを投てきしてゴールデンカップに入れる様子(連続合成写真)

新入生宿泊セミナーを開催しました

2018.04.08

201848日(日)、9日(月)の2日間、屋島少年自然の家で新入生宿泊セミナーが開催されました。飯盒炊飯やカッター(手漕ぎボート)、体育館でバレーボールをして、交流を深めました。初日の夜には、自己紹介をして、各学科とも友人どうし打ち解けることができました。また、2日目には、一人一人が工夫を凝らして作成した紙飛行機を飛ばして、飛行距離や滞空時間を競い合いました。入学して間もないときに、寝食をともにして交流を深めることで、有意義な大学生活を送る準備ができました。

 

 

トップへ戻る

関連リンク一覧