1. Home
  2. 学外ニュース

三好寛太君が電気学会・電子情報通信学会・情報処理学会四国支部奨励賞を受賞

2020.12.03

機械創造工学科システム制御工学研究室の三好寛太君(4年)が、2020317日に開催された卒業式で電気学会・電子情報通信学会・情報処理学会四国支部奨励賞を受賞しました。

本賞は、電気学会・電子情報通信学会・情報処理学会の四国支部が合同で、四国内の大学・高等専門学校の特に優秀な学生に対し贈呈する賞です。受賞した三好君は、「組込み用ニューラルネットワークの小型・低電力化に関する研究」と題した卒業研究に取り組み、その研究成果を2019電気関係学会四国支部連合大会で発表しました。三好君の研究成果は、AI技術をエッジコンピューティングに実装する上で課題となるニューラルネットワーク処理の小型化・低電力化に寄与するものであり、今後さまざまな機器の制御用組込みシステムへの展開が期待されます。

卒業式後に同じ研究室の仲間と撮影(三好君は右橋)

卒業式後に同じ研究室の仲間と撮影(三好君は右橋)

 

鈴木皓君が日本設計工学会武藤栄次賞優秀学生賞を受賞

2020.12.03

工学研究科システム制御工学専攻博士前期課程の鈴木皓君(博士前期課程2年)が、2020年3月17日に日本設計工学会武藤栄次賞優秀学生賞を授与されました.この賞は設計工学に関連する専攻の優秀な学生を表彰するもので,本学では鈴木君が初めて受賞しました.

 

組込みシステム工学研究室の4年生と3年生が研究発表を行いました

2019.12.14

講演件数は848件,参加者は1500人以上の会議でした.「無人機システム」セッションで,周辺無線誘導技術及びその構築に不可欠な通信プロトコルの検討およびナビゲーションシステム構成についてプレゼンしました(スポットライトセッション:講演番号3E3-04).インタラクティブセッションでは,ポスターと,超音波距離センサ,光距離センサを用い,そのセンサノードから得られた情報を無線データとして送受信するデモを交えながら,それらの動作検証が上手くいっていることをアピールしました.今後は,データ計測を行いつつ,システム設計を行う予定です.

システム工学研究室の4年生が研究発表を行いました

2019.12.12

人と機械システムとしての医療・福祉工学」セッションにおいて,人の表情の推定についてプレゼンを行いました(スポットライトセッション:講演番号1E2-03).インタラクティブセッションでは,顔の中の「目」に注目し,表情の違いによる目の特徴量の変化について,得られた知見をポスターで示しました.今後は,CMAC (Cerebellar  Model Articulation Controller)モデルによる表情の学習結果と,得られた知見を合わせ,表情の推定精度の向上方法を検討する予定です.

計算機統計学研究室の大学院生が研究発表を行いました

2019.12.07

経営科学系研究部会連合協議会が主催するデータ解析コンペティションにおいて提供された,20164月~20183月の2年間の都内タクシー約1万台のプローブデータの分析結果を発表しました.約800Gbyteのデータを16台のコンピュータを使った並列計算によって,集計と分析を行いました.このために,分散処理システムのHadoopが利用している分散ファイルシステム(HDFS; Hadoop Distributed File System)とメモリ内処理をサポートするオープンソースの並列処理フレームワークのApache Sparkを使用しました.今後は,機械学習の手法を適用して予測を行う予定です.

第14回地域交流会を開催します

2019.02.12

第14回 地域交流会

[日時] 平成31年2月15日(金)13:00~16:30

[場所] 香川県さぬき市志度1314-1

徳島文理大学・香川キャンパス 研修センター2階

    (JR志度駅・琴電志度駅から徒歩20分,大学駐車場がご利用いただけます)

[概 要]

  • 講演:

「尿中腫瘍マーカーによる癌検査の可能性に関する研究」

坂入実 氏,阿部真由美 氏(日立製作所 研究開発グループ)

        横田一樹 氏,檜顕成 氏,内田広夫 氏

(名古屋大学大学院医学系研究科病態外科学講座小児外科学)

「鴨庄漁協の活動 ~海苔の養殖~」

山本浩智 氏(鴨庄漁業協同組合長)

    「光合成光利用効率に基づいた植物生育促進技術の提案」

梶山博司 氏(徳島文理大学理工学部教授)

  • 香川県内の企業による技術紹介,商品展示
  • 徳島文理大学理工学部学生による研究発表

[参加費] 無料

[問い合せ] 地域交流会事務局:[E-mail] ex@fst.bunri-u.ac.jp [FAX]087-894-4201

 

志度高校の模擬授業

2018.12.05

香川県立志度高等学校の情報科学科1年生の生徒さん40名が来学し、電子情報工学科の模擬授業を受けました。

模擬授業(1)「ロボット・プログラミング入門」
ライントレースロボットのプログラミングについて講義しました。

 

模擬授業(2)「音をきれいにするノイズ除去の実験」
音声信号処理のためのフィルタ理論について講義しました。

 

模擬授業(3)「データの分析」
データの分析や可視化,深層学習などについて講義しました。

平賀源内先生こども科学教室修了

2018.11.10

理工学部では,地域貢献活動の一環として「平賀源内先生こども科学教室」を毎年開催し,本学の学生がさぬき市の小学生に科学の面白さを伝えています.

 

平成19年度より、年間8回程度のペースで本教室を実施しています。
今年度は11月に最終回を迎えました。

本教室に参加した学生スタッフは、主体性やコミュニケーション力が上がったことを実感しています。

国際会議ISTP-29で藤田隼矢君が論文を発表

2018.10.30

大学院工学研究科システム制御工学専攻前期博士課程2年生の藤田隼矢君は、2018年10月30日~11月2日に渡って米国ハワイ・ホノルルで開催された国際会議ISTP-29(29th International Symposium on Transport Phenomena)で自身が研究してきた成果を発表しました。

ISTP-29で発表する藤田君

高温ガスタービンのタービン動翼の冷却構造の一つであるラティス構造の3次元流動特性を医療用MRI(Magnetic Resonance Imaging)を用いて明らかにした研究成果が発表されました。世界でもまだ研究事例が少ない領域で、短いQ&Aの時間内で3問の質問があり関心の高さが伺われました。本学で学んでいることが世界に通じる研究であることが分かり大いに自信が付いたと申しています。

ISTP-29が開催されたホノルル国際展示場

ISTP-29の案内

SMART2018に出場

2018.10.28

今年の競技課題は「Shooting Target(狙いを定めて)」です。

ストーンやピンポン玉を回収し、フィールド中央のポイントエリアに投てきして、ポイントを競います。

徳島、香川、岡山の大学・高専から一般部門に12チーム、徳島、岡山の高専・高校からU-18部門に11チームが出場し、熱戦を繰り広げました。

本学から出場した3チームも健闘し、1チームが決勝トーナメントに進出しました。

 

トップへ戻る

関連リンク一覧