1. Home
  2. >
  3. 教員紹介
  4. >
  5. 大島 隆幸

教員紹介-Staff Profile-

教員名:大島 隆幸(オオシマ タカユキ)

研究室:ゲノム医科学研究室
学 位:博士(農学)

【主な担当授業】

化学概論,基礎微生物学,基礎生物化学,分子生物学,技術英語A,生命科学実習B

経歴・学歴

1993年3月 日本大学農獣医学部応用生物科学科卒業
1998年3月 筑波大学大学院医科学研究科医科学専攻修士課程修了
2001年3 月 筑波大学大学院農学研究科応用生物化学専攻博士後期課程修了
2001年4月 日本学術振興会博士特別研究員(京都大学ウイルス研究所)
2005年4月 徳島文理大学香川薬学部薬学科講師
2008年4月 徳島文理大学香川薬学部薬学科准教授
2021年4月 徳島文理大学理工部ナノ物質工学科准教授

研究内容

専門分野 腫瘍ウイルス学,細胞分子生物学
研究課題
(テーマ)
1. がんウイルスによる発がんメカニズム 2. タンパク質の翻訳後修飾を介した機能変換
研究概要  ヒトに重篤な疾患をもたらすがんウイルスによる発がんメカニズムに関する細胞分子生物学的研究を展開している。特に急性白血病の原因ウイルスであるHTLV-1による長期持続感染とそれに伴う発がん過程について精力的に研究している。
 また21世紀の生命科学はまさに「ポストゲノム」であり、限られた数のタンパク質はリン酸化や糖鎖付加、メチル化、アセチル化など様々な修飾により、その機能が厳密に制御されている。細胞のがん化や増殖・分化に関わる因子に着目し、これら分子修飾とそれに関連した化学修飾を介したエピジェネティックな遺伝子発現制御や細胞の環境応答の分子基盤を理解するための研究を行っている。
主な研究論文・著書等 Tanaka, Y., Mukai, R., and Ohshima, T. (2021) HTLV-1 viral oncoprotein HBZ contributes to the enhancement of HAX-1 stability by impairing the ubiquitination pathway.
J. Cell. Physiol. 236, 2756-2766.

Mukai, R., and Ohshima, T. (2016) Enhanced stabilization of MCL1 by HTLV-1 bZIP factor is modulated by blocking the recruitment of Cullin1 to the SCF complex.
Mol. Cell. Biol. 36, 3075-3085.

Mukai, R., and Ohshima, T. (2015) HTLV-1 bZIP factor suppresses the centromere protein B (CENP-B)-mediated trimethylation of histone H3K9 through the abrogation of DNA-binding ability of CENP-B.
J. Gen. Virol. 96, 159-164.

Mukai, R., and Ohshima, T. (2014) HTLV-1 HBZ positively regulates the mTOR signaling pathway via inhibition of GADD34 activity in the cytoplasm.
Oncogene 33, 2317-2328.

Toyama, M., Aoyama, H., Mukai, R., Nakamura, M., Okamoto, M., Ohshima, T., Hashimoto, Y., Baba, M. (2014) A novel tetramethylnaphthalene derivative selectively inhibits adult T-cell leukemia (ATL) cells in vitro.
Anticancer Res. 34, 1771-1778.

Mukai, R., and Ohshima, T. (2011). Dual effects of HTLV-1 bZIP factor in suppression of interferon regulatory factor 1.
Biochem. Biophys. Res. Commun. 409, 328-332.

Ohshima, T., Mukai, R., Nakahara, N., Matsumoto, J., Isono, O., Kobayashi, Y., Takahashi, S., Shimotohno, K. (2010). HTLV-1 basic leucine-zipper factor, HBZ, interacts with MafB and suppreses transcription through a Maf recognision element.
J. Cell. Biochem. 111, 187-194.

主な卒業研究

HTLV-1 viral oncoprotein HBZ contributes to the enhancement of HAX-1 stability by impairing the ubiquitination pathway in cytoplasm

学生へ向けたメッセージ

 ゲノム医科学研究室では、新型コロナウイルス、白血病や肝がんの原因となる病原性ウイルスに関する研究を行なっています。私たちは科学のチカラで、これらウイルス感染症によって苦しむ人たちを一人でも多く救うために、病原性の解明や新しい感染予防法について研究しています。

トップへ戻る

関連リンク一覧