1. Home
  2. >
  3. 教員紹介
  4. >
  5. 箕田 康一

教員紹介-Staff Profile-

教員名:箕田 康一(ミタ コウイチ)
学科長
研究室:水圏生命科学研究室
学 位:博士(理学)

【主な担当授業】

遺伝子工学,生命科学,生命科学実験B

経歴・学歴

1987年3月 北海道大学理学部生物学科(動物学専攻)卒業
1989年3月 北海道大学大学院理学研究科 動物学専攻 修士課程 修了
1996年3月 北海道大学大学院理学研究科 動物学専攻 博士課程 修了
1989年4月〜1996年3月 北海道大学 非常勤講師
1996年4月〜2005年3月 北海道大学理学部 助手
2002年4月〜2007年3月 徳島文理大学 一般総合科目 助教授
2007年4月〜2011年3月 徳島文理大学 一般総合科目 准教授
2011年4月〜2012年3月 徳島文理大学 一般総合科目 教授
2012年4月〜 徳島文理大学 理工学部 教授

研究内容

専門分野 動物発生学,生殖生物学
研究課題
(テーマ)
魚類および両生類の生殖細胞形成
研究概要 次世代を生み出す生殖細胞〈精子および卵)は、生物が種を維持するうえでとても重要な細胞で、個体発生の極めて早い時期から分化が始まります。現在は、魚類や両生類の生殖細胞形成過程で働く遺伝子が、いつどのような分子機構で発現するのかを調べています。
主な研究論文・著書等 M. Morikawa, R. Naito, K. Mita, S. Watabe, K. Nakaishi, T. Yoshimura, T. Miura, S. Hashida, E. Ito. Subattomole detection of adiponectin in urine by ultrasensitive ELISA coupled with thio-NAD cycling. Biophysics and Physicobiology, 12, 79–86 (2015).

D. Hatakeyama, K. Mita, S. Kobayashi, H. Sadamoto, Y. Fujito, L. Hiripi, K. Elekes, and E. Ito. Glutamate Transporters in the Central Nervous System of a Pond Snail. Journal of Neuroscience research, 88: 1374-1396 (2010).

Y. Tamori, T. Iwai, K. Mita, M. Wakahara. Spatio-temporal expression of a DAZ-like gene in the Japanese newt Cynops pyrrhogaster that has no germ plasm. Dev. Genes Evol., 214: 615-627 (2004).

S. Nakahata, T. Kotani, K. Mita, T. Kawasaki, Y. Katsu, Y. Nagahama and M. Yamashita. Involvement of Xenopus Pumilio in the translational regulation that is specific to cyclin B1 mRNA during oocyte maturation. Mech. Dev., 120: 865-880 (2003).

M. Hiyoshi, K. Takamune, K. Mita, H. Kubo, Y. Sugimoto, Ch. Katagiri. Oviductin, the oviductal protease that mediates gamete interaction by affecting the vitelline coat in Bufo japonicus : Its molecular cloning and analyses of expression and posttranslational activation. Dev. Biol., 243: 176-184 (2002).

S. Nakahata, Y. Katsu, K. Mita, K. Inoue, Y. Nagahama and M. Yamashita. Biochemical identification of Xenopus pumilio as a sequence-specific cyclin B1 mRNA-binding protein that physically interacts with a nanos homolog, Xcat-2, and a cytoplasmic polyadenylation element-binding protein. J. Biol. Chem., 276: 20945-20953 (2001).

Y. Tamori, K. Mita and Ch. Katagiri. Homoiogenetic regulation through the ectoderm on localized expression of the hatching gland phenotype in the head area of Xenopus embryos. Develop. Growth Differ., 42: 459-467 (2000).

K. Mita and M. Yamashita. Expression of Xenopus Daz-like protein during gametogenesis and embryogenesis. Mech. Dev., 94: 251-255 (2000).

K. Mita, T. Ohbayashi, K. Tomita, Y. Shimizu, T. Kondo and M. Yamashita. Differential expression of cyclins B1 and B2 during medaka (Oryzias latipes) spermatogenesis. Zool. Sci., 17: 365-374 (2000).

主な卒業研究

生殖細胞形成過程での翻訳制御の分子機構に関する研究

学生へ向けたメッセージ

 農業従事者の減少や気候変動に対応した栽培技術、未知のウイルスからの防御、高度医療を支える医用材料など、ナノテクノロジーと生命科学の融合分野に対する期待はますます大きくなっています。最先端の知識や技術だけでなく、「論理的に考える力」や「課題を見つけ出す力」、「チームの一員として協同して課題に取り組む力」を修得し、医療・農業・環境/エネルギー分野で社会に貢献する技術者・科学者を育成するのがナノ物質工学科の使命です。

トップへ戻る

関連リンク一覧